ヤセられないのは、意志の弱さではなかった!!

Blog

皆さん、こんにちは。

皆さんは、「甘~いものの誘惑」に強いですか?弱いですか?

ジメジメする梅雨のストレス!会社で仕事に追われるストレス!こどもがお片づけしてくれないストレス!

ストレスが溜まるたびに、ちょっと甘いものでブレイクなんてしてませんか?

ついつい食べ過ぎて太ってしまった!ってこともありますよね。

 

今回は、「ヤセられないのは意志の弱さではなかった!!」というお話です。

では、何が原因?・・それは「糖質中毒」になったに理由があったんです。

糖尿病専門の医学博士、牧田善二先生の著書「糖質中毒 痩せられない本当の理由」には、

人はどうして太ってしまうのか。

そして、なぜ痩せられないのか。 それはあなたのせいではありません。

知らず知らずのうちに、脳内が糖質に侵されて、「糖質中毒」になってしまったからです。

意思で痩せようなどとは思わないことです。それはムリです。

では、どうすればいいのか。「中毒」になった脳を変えればいいのです。 ※引用

と書かれています。

 

「糖質中毒」とは、世の中のアルコール中毒やニコチン中毒と同じく、

「糖質」がやめられなくなる中毒です。

それは脳がもう一度美味しい実感を味わいたいという誘惑です。

「糖質中毒」になると、ヤセられないだけでなく、

見た目が太っていなくても糖尿病などの生活習慣病になるリスクが高まります

ではどうすればいいのでしょうか?

 

まずは、「糖質」が含まれている食べ物を理解する事から始めましょう。

控えていただきたい順に、グループ分けでご紹介します。

① 砂糖入り缶コーヒー・清涼飲料水・ジュース

 ・コーラ・野菜ジュース

② 砂糖入りのお菓子・スナック菓子・せんべい・クッキー

③ 果物

④ 白米・白いパン・うどん・ラーメン・パスタ

⑤ 玄米・全粒粉パン・いも類

   

野菜ジュースやフルーツジュースは身体にいいと思われてませんか?

市販のものには、糖質が思っている以上に含まれていて、残念な事にオススメできません。

・コーラ 500ml 角砂糖 14.1個

・缶コーヒー 250ml 角砂糖 6.1個

・野菜ジュース 200ml 角砂糖 4個

栄養の詰まった胚芽部分を取り除いた白米は、糖質の塊になっています。

小麦粉から作られる麺類も同じです。

・うどん 1玉 角砂糖 13個

例えばお昼に、ざるそばのみ(のりとネギが少量以外はすべて糖質)

おにぎり2個と野菜ジュースとバナナ(すべて糖質)

なんて食べ方はしていませんか?糖質だらけですね。

また、白米に比べたら玄米には栄養は含まれますが、糖質の量としてはさほど変わりません。

量を食べれば変わらないということですね。

 

現代人は糖質の摂り過ぎである事がわかりますね。

食べ過ぎていると思われる方は少し控えてみましょう。

 

今回のお話はここまで。この続きの改善法は、次回ご紹介いたします。お楽しみに! 

今回はウェルネス体操コースの濱口が初投稿いたしました。

 

 

※牧田善二先生は、テレビの「金スマ」にも何度も出演されています。

他にも「医者が教える食事術」「医者が教える食事術2」などたくさんの本を出されています。 

 

 

 

 

 

「YouTube」でバク転や逆上がりのワンポイントアドバイス更新中!!
【チャンネル登録】お願いします。

▼ お客様の声・口コミはこちら ▼
https://www.five-m.com/voice/

 こども器械体操(1・2・3才・幼児・小中学生向け)
レベル別少人数グループで鉄棒・跳び箱・マット・トランポリンにチャレンジ
tibi_banner.jpg

 ジュニア体幹トレーニング(小学生~大人向け)
姿勢改善・競技力向上・ケガ予防・側弯・体幹力強化

main_img005.jpg


ウェルネス体操(大人向け)
筋トレ・ストレッチを組み合わせたオリジナル体操で生涯歩ける身体づくり
20160520_s5.png

blogrogo.jpgaimin.png
〒600-8492
京都市下京区四条烏丸西入月鉾町55
四条ISビル3F~6F
Tel:0120-58-4401    Fax:075-254-1120

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

季節の変わり目の体調不良に効く食材

Blog

みなさんこんにちは。

ゴールデンウィークが終わり、日によって暑かったり、湿度が高かったり、ここ最近はなかなか気候が安定しませんよね。
季節の変わり目のこの時期、体調はいかがですか?
「めまいや頭痛」や「身体がだるい」「やる気がでない」といった症状を巷ではよく耳にします。貧血や花粉症などのアレルギーによるものや自律神経の乱れによる影響など、原因はさまざまです。

今回はそんなこの季節におすすめの食品を紹介します。

 

その前に、体調不良の原因の一つ「自律神経の乱れ」について説明しましょう。

自律神経には交感神経(活動モード)と副交感神経(休息・回復モード)の2種類があります。
交感神経(活動モード)
日中、運動時や興奮した時、緊張やストレスを強く感じた時、身体の各部の活動性を高めます。

副交感神経(休息・回復モード)
眠っているときや、食後、癒しを感じた時など、リラックスしている時に強くはたらき、身体の各部の活動を休めます。

交感神経と副交感神経はお互いがシーソーのようにバランスを取りながらはたらいており、状況に応じて交感神経のはたらきが強かったり(交感神経優位)、副交感神経のはたらきが強かったり(副交感神経優位)します。

交感神経と副交感神経はどちらがいいというわけではなく、両方がオン・オフになり、バランスよく切り替わる状態が理想的で、血液循環や内臓の動き・呼吸の速さを一定に調整しています。

しかしこの時期は暑かったり寒かったりなど、気温と気圧の変動が大きく、私たちの身体の中は大忙しです。
気候の変動に対応しきれずに自律神経が乱れると身体に不調をきたす場合があります。例えば・・・

活動モード(交感神経優位)が続くと、「不眠症」やエネルギーを消耗して「疲れやすく」なります。
休息モード(副交感神経優位)が続くと、血液やリンパ液がうまく循環できず、余分な水分がたまってしまい「めまい」「頭痛」「冷え」「むくみ」が起こります。

 

さて、では自律神経の乱れについて理解したところで、この季節の体調不良におすすめの食品の紹介です。

体内の余分な水分を排出し、身体を温める食材、貧血やアレルギーを改善する食材でを積極的に摂りましょう。

利尿作用を促す食材 → しょうが・小豆・きゅうり・黒酢 など
貧血を改善する食材 → レバー・えび・かに・イクラ・ニラ・小松菜 など
花粉症・アレルギーを改善する食材 → ニラ・ねぎ・にんにく・生たまねぎ・しょうが・七味とうがらし など

是非お食事に取り入れてみてください。

 

さらに汗をかくことも大切です。
ちょっと暑くなってきたらクーラーをつけて快適温度にしてしまう方。身体が冷えて汗が出づらくなっていませんか?この時期に運動で汗をかく事で、汗腺が開き体内のを排出し、体温を調整してくれます。熱中症の予防にもなります。

運動と栄養で季節の変わり目の体調不良を改善しましょう。

ファイブM四条本校の6階のホワイトボードに毎月このようなお得情報を載せています。

今回のブログは「安福」が担当しました。

 

「YouTube」でバク転や逆上がりのワンポイントアドバイス更新中!!
【チャンネル登録】お願いします。

▼ お客様の声・口コミはこちら ▼
https://www.five-m.com/voice/

 こども器械体操(1・2・3才・幼児・小中学生向け)
レベル別少人数グループで鉄棒・跳び箱・マット・トランポリンにチャレンジ
tibi_banner.jpg

 ジュニア体幹トレーニング(小学生~大人向け)
姿勢改善・競技力向上・ケガ予防・側弯・体幹力強化

main_img005.jpg


ウェルネス体操(大人向け)
筋トレ・ストレッチを組み合わせたオリジナル体操で生涯歩ける身体づくり
20160520_s5.png

blogrogo.jpgaimin.png
〒600-8492
京都市下京区四条烏丸西入月鉾町55
四条ISビル3F~6F
Tel:0120-58-4401    Fax:075-254-1120
 

はじめての足圧計を使った授業を実施!

Blog

みなさん、こんにちは!

お昼の気温が少しづつ上がってきて、春の訪れが待ち遠しいですね。とはいえ、まだまだ朝晩は寒いですし体調管理はしっかりしていきましょう。

 

さて、今回はこども器械体操コースの一部のクラスで足圧計を使用した授業を実施しましたので、ご紹介させていただきます。
、、、とその前に足圧計とは何かを説明しましょう!

 

足圧計とは足の裏の圧力がどのようにかかっているかを確認できる機械です。
下の図のように右足・左足・足先・かかとに何パーセントずつ体重をのせているかがわかります。
足圧分布表示

また足圧は人によって様々です。
測定することによって立ち方のクセ・身体のバランスも分かります。

・偏平足(土踏まずがない)
・浮き指(指が浮いている)
・外反母趾(足の親指が人差し指の方に曲がる)
などなど

例えば・・・

ほぼ真ん中で立てていますが、かかとの荷重が大きく、指が写っていません。
つま先立ちが苦手な方が多い傾向です。

左足56%右足44%
やや左足荷重。両足共に小指側の荷重が大きいです。
О脚の方によくみられる傾向です。

 

みなさまの普段のクセや筋力のアンバランスなどが、足圧となって現れますので、誰1人全く同じ足圧はありません。

理想的な足圧は左右バランス50:50、前後バランス50(40):50(60)です。
普段ご自身がどういう立ち方をしているか確認できます。その傾向によって、身体の動かし方に得意不得意が生じたりする場合もあります。
体操の技が出来ない理由がわかるかも!?

 

さて、では実際の授業の風景を紹介しましょう。
こどもたちには足圧計の上で①立位姿勢②水平バランス(片足立ち)をしてもらいました。

①立位姿勢
重心の位置を真ん中にして立つよう調整しよう!!

  
どこが中心でバランスをとっているか、体重移動させながら調整。中には「ここがまっすぐなのか!」とびっくりされている会員様も。

②水平バランス(片足立ち)
立位より床との接地面が小さくなるので荷重バランスがとりにくくなります。
しっかりと母指球に体重をのせ、小指側が浮かない様に調整しましょう。

床でも練習!

 

きれいに止まれた!!

参加された会員様の反応
・画面をみながら確認出来るので、わかりやすい!
・新しい機械をつかっていておもしろかった!
・ゲーム感覚で楽しかった!

大変好評でした。

画面を確認しながら調整できるので、中には練習前より安定して止まれる会員様もいらっしゃいました。
技の完成度を上げる練習として、自身の身体の使い方をあらためて考えることも大切です。普段スポーツなどされている方は、一度自分の身体がどうなっているのか写真や動画を撮ってみることをお勧めします!

 

大人の方も姿勢測定(足圧も測れます)をお受け頂けます。
是非是非一度ご自身の姿勢や足圧を確認してみて下さい。

姿勢測定の詳細はコチラ↓
https://www.five-m.com/program/shisei.html

 

今回のブログは右軸足の水平バランスが得意な「安福」が担当しました。

 

「YouTube」でバク転や逆上がりのワンポイントアドバイス更新中!!
【チャンネル登録】お願いします。

▼ お客様の声・口コミはこちら ▼
https://www.five-m.com/voice/

 こども器械体操(1・2・3才・幼児・小中学生向け)
レベル別少人数グループで鉄棒・跳び箱・マット・トランポリンにチャレンジ
tibi_banner.jpg

 ジュニア体幹トレーニング(小学生~大人向け)
姿勢改善・競技力向上・ケガ予防・側弯・体幹力強化

main_img005.jpg


ウェルネス体操(大人向け)
筋トレ・ストレッチを組み合わせたオリジナル体操で生涯歩ける身体づくり
20160520_s5.png

blogrogo.jpgaimin.png
〒600-8492
京都市下京区四条烏丸西入月鉾町55
四条ISビル3F~6F
Tel:0120-58-4401    Fax:075-254-1120
 

年末年始営業のお知らせ

Blog

今年も残すところ、わずかとなりました。

本年も格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

年末年始期間中の営業について、ご案内させて頂きます。

*年末営業最終日(四条本校ウェルネスコースのみ営業)2021年12月27日(月)

 こども器械体操・ジュニア姿勢体幹トレーニングの通常レッスンは2021年12月22日(水)で終了しております。

*年始営業開始日(全校)2022年1月5日(水)

尚、休業中もFAX・メールは休まずお受け致しておりますが、お問い合わせへのご返答は、年始営業開始日以降となります。

ご了承下さいませ。

本年中のご愛顧に、心より御礼申し上げますと共に、来年も社員一同、皆様の安全・安心面を考慮し、ご満足頂けるサービスの向上を心がける所存ですので、変わらぬご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます。

師走の時節柄、ご多用のことと存じますが、くれぐれもご自愛の上、晴れやかな新年をお迎えになられますよう、心よりお祈り申し上げます。

 


「YouTube」でバク転や逆上がりのワンポイントアドバイス更新中!!

【チャンネル登録】お願いします。

こども器械体操
(1・2・3才・幼児・小中学生向け)
tibi_banner.jpg

 ジュニア体幹トレーニング
(小学生~大人まで)

main_img005.jpg


ウェルネス体操(大人向け)
20160520_s5.png

blogrogo.jpgaimin.png
〒600-8492
京都市下京区四条烏丸西入月鉾町55
四条ISビル3F~6F
Tel:0120-58-4401    Fax:075-254-1120
 

ジュニアコース 今年度の評価測定は一味違う!?

Blog

みなさん、こんにちは!

気温が高くなってきましたが、水分補給など忘れずに体調管理をしっかりしましょう。

 

今回はジュニアコースで実施している評価測定の項目リニューアルを紹介します。
(評価測定とは日頃のトレーニングの成果や成長を確認する為に行っている測定会です。似たようなものでいうと学校で行ってるスポーツテストですね)
新しい測定項目が増えて、より多くのことが分かりやすくなりましたよ。

 

新規項目紹介

立ち幅跳び(両足Ver&片足Ver)」 
助走をつけずに(身体の屈曲運動だけで)遠くへ跳ぶ種目です。両足Verと片足Verでとても面白い結果が見れましたよ。

立ち幅跳びはヒップの使い方や上半身の腕の振り等、全身の力を無駄なくジャンプ力に変える必要があります。この動作が踏切時、片足(右・左)になるとさらに難易度が上がります。右足と左足の得意・不得意等が実感できると思います。

会員さまの記録を見てみると、様々な傾向が見られました
軸足右と左では差がそんなに見られない
軸足右と左ではかなり数値に差が出た

●軸足右と左の記録の差が10㎝以下
 ジュニアBクラス:12/24名 ジュニアCクラス:8/12名

●軸足右と左の記録の差が11㎝以上
 ジュニアBクラス:12/24名 ジュニアCクラス:4/12名 

Bクラスでは半分に分かれましたね。左右差が大きい人ほど軸足の使い方に得手不得手があるかもですね。

片足の記録が両足の記録と変わらない

●両足と片足(左右のいい方)の記録の差が19㎝以下
 ジュニアBクラス:9/24名 ジュニアCクラス:5/12名

●両足と片足(左右いい方)の記録の差が20㎝以上
 ジュニアBクラス:15/24名 ジュニアCクラス:7/12名

差が少ない人は両足ジャンプをキレイな形で飛べば、もっと記録が伸びるかも⁉
次回の測定でチャレンジしてみてください。

身体の動かし方や筋力バランスによって数値の傾向が様々で、私たちスタッフもなるほど!と思うことがしばしば。ぜひ皆さんも記録を確かめてみてください♪

 

続きましての新項目は・・・
「足首・脚力チェック」です。
ずばり足首の柔らかさの指標になります。難易度順に見ていきましょう。
レベル1
両足少しひらいた状態でヒップを下ろしていきます。

 
レベル2
両足をそろえてヒップを地面近くまでおろしていきます。


レベル3
片足のひざを伸ばし、片足は曲げた状態。ヒップを床から浮かしたところで、5秒キープする。

レベル4
レベル3と同じ体勢から片足立ちまでゆっくり起き上がる。

みなさんはご自身の足首の柔らかさを意識されてみたことはありますか?実はスポーツされている方にはもちろんのこと、普段運動をされない方にとっても重要な要素なんですよ。
足首が硬いと・・・
ねん挫などのけがを誘発しやすくなる
足首やふくらはぎ付近の筋肉や腱が硬くなり、負担が大きくなりやすいです。

土踏まずのアーチが失われていき、偏平足になりやすくなる
偏平足はふくらはぎの血行が悪くなり、冷え性やむくみが出やすくなります。

足首・脚力チェックの項目は足首の硬い人にとって、柔軟性をあげるストレッチでもありますので、お家でもぜひ試してみてください。

 

新項目ラストは「片足立ち」です。

上の写真のように、片足で上体をキレイに保てるかを確認しています。

 

上げ足のひざを曲げてキープできた場合は、ひざを伸ばしての片足立ちにも挑戦しています。
この項目では「股関節やヒップなどの骨盤周り・下半身を上手く使えているか」をチェックします。股関節周りが安定しなかった場合、上半身が左右によれやすくなります。さらに片足を伸ばすと、太ももや下腹の筋力が必要になります。

↑バランス崩しています。

「股関節やヒップを使って骨盤周りを安定させる」能力はきれいな姿勢を維持するためにとても重要です。骨盤が歪むと上半身も歪みやすく身体の一部分に負担がかかりやすいです。腰痛やひざ痛の原因が実は「股関節やヒップの左右の筋力不足やアンバランス」だったケースもあるんですよ。
またスポーツの動作において、体重移動やステップの動きを素早くきりかえす為に安定した股関節やヒップの動きは必要不可欠です。

上げ足は90度、上半身は後ろに倒さない片足立ちを目指していきましょう(*’ω’*)

 

以上が今回の測定から新しく実施した項目になります。参加されたお子様の中には、新しい項目にちょっぴりドキドキされていたり、気に入った項目を何度もチャレンジされたりと好評でした。3つの項目は次回の測定でも実施予定です。是非、練習してみてくださいね♪(立ち幅跳びは安全なスペースを確保してケガしないように(;’∀’))

 

今回から測定結果をメール内にデータを添付して差し上げております。次回の測定は四条本校は10月 洛西口校は9月を予定しております。皆様の成長が楽しみです♪

只今ジュニア姿勢・体幹トレーニングコースでは無料体験を実施しています。
トレーニングは裏切りません。姿勢改善やスポーツ上達に悩まれている方、ご興味ある方はぜひ一度お越しくださいませ。

https://www.five-m.com/program/jr.html

 

今回のブログは「安福」が担当しました。

 

「YouTube」でバク転や逆上がりのワンポイントアドバイス更新中!!
【チャンネル登録】お願いします。

こども器械体操
(1・2・3才・幼児・小中学生向け)
tibi_banner.jpg

 ジュニア体幹トレーニング
(年長・小・中・高校生向け)

main_img005.jpg


ウェルネス体操(大人向け)
20160520_s5.png

blogrogo.jpgaimin.png
〒600-8492
京都市下京区四条烏丸西入月鉾町55
四条ISビル3F~6F
Tel:0120-58-4401    Fax:075-254-1120

ジュニアコース 会員様紹介 約1年間の成果はいかに⁉

Blog

みなさんこんにちは。

梅雨に入りじめじめした気候が続きますが、どんより気分をストレッチなどで解消していきましょう。

 

今回はジュニア姿勢・体幹トレーニングコースを卒業された会員様の紹介です。
みなさんは何かスポーツをされていますか?

「部活やクラブを頑張っている」という方も多いのではないでしょうか。ジュニアCクラスに来られていた「林 凌平」君もその一人です。
ハンドボールをされていて「怪我や故障の予防・改善」を目的にトレーニングに来られました。プレイ中に足がよくつり、怪我に悩まされていたそうです。
入会当初は身体の固さに苦戦していましたが、まじめにトレーニングを重ねるにつれてみるみる成長されました。

・立位体前屈(ひざ裏の柔軟性の指標)

 2020年2月      2021年3月
 3.0㎝     ➡   9.0㎝ (+6.0㎝)

ひざ裏の柔軟性アップ!入会当初はひざを伸ばしたまま床に手がつかなかったのが嘘みたいですね♪

・ひざ付反る

・上体そらし

 2020年2月      2021年3月
 44.0㎝    ➡   58.0㎝ (+14.0㎝)

上半身の反りが大きくなりました。背筋アップしていますね!

 

なんとトレーニングの成果もあり「ハンドボールで、京都府の選抜メンバーに選ばれた」と報告してくれました。おめでとうございます!
筋力・柔軟性アップによりトレーニング姿勢も安定した綺麗な形になりました。ご本人も怪我をしにくくなったと感じておられ、トレーニングの成果を実感されたみたいです。

↑心よくインタビューを受けてくれました。いい笑顔ですね(^^)/

 

高校でもハンドボールは続け、目標は「京都府でベスト4」だそうです。

約1年間ですが、今までありがとうございました。いつもハンドボールの試合結果などの報告を楽しみに聞かせて頂きました。高校に進学されても頑張ってくださいね。

 

ジュニア姿勢・体幹トレーニングコースでは「スポーツ上達」や「姿勢の改善」などを目的としたトレーニングを実施しております。
無料体験もございますので、興味のある方は是非一度お越し下さいませ♪

無料体験はコチラから↓
https://www.five-m.com/freetrial/

 

今回のブログは学生時代、ひざ裏の柔軟が苦手だった「安福」が担当しました。

 

 

「YouTube」でバク転や逆上がりの
ワンポイントアドバイス更新中!!
【チャンネル登録】お願いします。

こども器械体操
(1・2・3才・幼児・小中学生向け)
tibi_banner.jpg

 ジュニア体幹トレーニング
(年長・小・中・高校生向け)

main_img005.jpg


ウェルネス体操(大人向け)
20160520_s5.png

blogrogo.jpgaimin.png
〒600-8492
京都市下京区四条烏丸西入月鉾町55
四条ISビル3F~6F
Tel:0120-58-4401    Fax:075-254-1120

ジュニア姿勢・体幹トレーニングコース会員様紹介!

Blog

皆さんこんにちは!

まだまだ寒い日が続きますが、体調をくずさないように気を付けていきましょう。

 

今回はジュニア姿勢・体幹トレーニングコース会員様の紹介です。

渡辺 理子さんです。

 

ファイブM歴4年目のベテランさんで、ジュニア姿勢・体幹トレーニングコースと中高生マットレコースに来られています。
スポーツはラグビーをされており、最近はプレー中あたりに負けない身体を作るのが目標だそうです。

 

理子さんはトレーニングをまじめに取り組んでおられ、この4年間で筋力・柔軟性が向上し、身体の動かし方もとてもきれいになりました。

 

下腹の腹筋力の指標になる「両足上げ」です。
上半身を倒さずに高く足が上がるようになりましたね!

ひざ裏の柔軟性と下腹、太もも前の筋力の指標になる「片足上げ」です。
一つの目標値として「あげ足の角度を90度をこえよう」と皆さんにお伝えしていますが、余裕で越えちゃっていますね♪
スタッフでもここまで足を上げるのはなかなか大変です!皆さんも一度チャレンジしてみてください!

 

 

授業前後には、ラグビーの競技中の動画を持ってきて、プレー動作の向上についてよく質問頂きます。
先日はラグビーのステップをイメージ通りの動きに近づけられるように練習を行いました。
加えてスポーツ以外の軽い雑談やおしゃべり等で楽しくされておりますよ♪

気あいあいとお話しながら、楽しくスポーツ上達を目指している姿に、私たちスタッフも元気づけられています。

感謝です!ありがとうございます。これからも頑張っていきましょう。

 


写真を撮らしていただきました。いい笑顔ですね♪

 

 

 

ジュニア姿勢・体幹トレーニングコースでは姿勢改善やスポーツ上達を目標に楽しくトレーニングをしております。時には笑顔で、時には真面目に、人それぞれのペースでしっかり取り組んでいます。
4ヶ月に一度、ご自身の成長を記録する評価測定も実施しています。
興味のある方はぜひ一度無料体験にお越し下さい♪

評価測定についてはコチラ
https://www.five-m.com/staff-blog/archives/5770

 

※緊急事態宣言につき、ジュニアCクラスは1/18~2/7の期間(予定)、オンラインの授業のみの実施となっております。つきまして上記期間のジュニアCクラスの体験は受付ておりません。ご了承下さいますようお願い申し上げます。

 

今回のブログは「安福」が担当しました。

 

 

「YouTube」でバク転や逆上がりのワンポイントアドバイス更新中!!
【チャンネル登録】お願いします。

こども器械体操
(1・2・3才・幼児・小中学生向け)
tibi_banner.jpg

 ジュニア体幹トレーニング
(年長・小・中・高校生向け)

main_img005.jpg


ウェルネス体操(大人向け)
20160520_s5.png

blogrogo.jpgaimin.png
〒600-8492
京都市下京区四条烏丸西入月鉾町55
四条ISビル3F~6F
Tel:0120-58-4401    Fax:075-254-1120
 

ジュニア評価測定 今回の新項目はいかに⁉

Blog

 皆さん、こんにちは。

梅雨があけ、熱い日が続きますが、夏バテしていませんか?
水分はもちろん、ビタミン、ミネラル補給もしっかりしてくださいね。

 

さて、今回は7月に実施した評価測定についてご紹介します。毎回、評価測定では定例の測定項目に加えて新項目も実施しています。
ちなみに前回は「立ち幅跳び」を計測しました。
(前回のリンク→https://www.five-m.com/staff-blog/archives/6145) 

 

今回の新項目はなんと「片足跳び」です。

   

 

前回同様、下半身の筋肉(ヒップ、腰、太ももなど)を上手く連動させ、腕の振りも使い遠くへ跳ぶ種目です。全身の筋肉の協調性や連動性が測れます。
さらに今回、踏切時の足が片足になるので、左右の「筋力バランス」「身体の使い方」の差が如実に表れます。

なので、今回の記録は軸足右/左と両足の平均をだしました。
↓ジュニア姿勢・体幹トレーニングBクラスの記録

 

少なからず左右の記録に差があるお子様が多いですね。(・_・D フムフム

 

私生活で何気なく、身体を動かしていると思いますが、ご自身の「筋力バランス」や「身体の使いやすさ」は右半身と左半身で違うものなんですよ。
例えば握力が右手と左手で少し違ったり、片足立ちになると片方だけバランス悪いなどです。
さらに筋力と柔軟性のバランス(左と右、腹筋と背筋、上半身と下半身など)にあまりにも差が生じてしまうと、姿勢の歪みや痛みの要因になる場合があります。
またスポーツにおいてもバランスの良い姿勢は、身体を安定して動かすことができ怪我や故障が少なくなります。

 

↓各クラスの記録から左右の差の平均値を出しました。↓

ジュニア姿勢・体幹トレーニングA(年長~小2) ➡ 6.0㎝

ジュニア姿勢・体幹トレーニングB(小2~中3) ➡ 11.57㎝

ジュニア姿勢・体幹トレーニングC(小5~高3) ➡ 10.37㎝

 

皆さんも、ご家庭で安全にチャレンジされてみて、ご自身の左右の記録を確かめてみて下さい。
得意、苦手が見つかるかも⁉

 

さて、測定中のお子様達の雰囲気は・・・

 

片足立ちで手をふり、

踏み切ってジャンプ!

着地!!

 

ストイックに自分の記録とにらめっこし、再挑戦されるお子様や、純粋に「もう一度跳びたい」と楽しまれていたお子様など大盛り上がりを見せました。
今回測定後の余った時間で、再チャレンジされるお子様が多かったように思います。やっぱり皆さんジャンプが好きなのか⁉

 

 

休校期間中、運動の機会が減っていた方も多かったのではないでしょうか。今回の測定は、休み明けで身体がなまってる状態だったと思いますが、皆さん良く頑張りました。今後も少しでもファイブMの体操を活用頂ければ嬉しく思います。

 

 

今回、実施した評価測定は測定結果をファイルにしてお渡しさせていただきます。次回10月の評価測定に向けての目標を書いて持って来て下さいね。

↓サンプル画像↓

 

 

ファイブMジュニア姿勢矯正・体幹トレーニングコースでは無料体験受付中です。
↓現在入会金が無料になるお得なキャンペーンもしております。↓

https://www.five-m.com/campaign/1680.html

お子様の姿勢にお悩みの保護者様や、スポーツ能力アップの為に体幹を鍛えたい方は是非、一度お越し下さいませ。

ファイブMジュニアコースHPはこちらから
https://www.five-m.com/program/jr.html

 

今回のブログは左半身の使い方が苦手な「安福」が担当しました。

 

 

ファイブM新しい取り組みのご紹介♪

Blog

皆様こんにちは!
ファイブM、こども器械体操インストラクターの森本です。

4月15日~5月31日まで
コロナウイルス感染拡大防止の為休校させて頂きました。
お客様には大変ご不便をおかけして申し訳ありませんでした。また休校中にも「ライブ配信」「100人でつなぐ体操ムービー」参加や「前売り券、ギフト券」購入などご理解、ご協力頂き誠にありがとうございます。
この期間どのようなサービス提供ができればお客様に喜んでもらえるか検討し、下記の取り組みを実施しましたのでご紹介させて頂きます。

▼YouTube配信▼

<ウェルネス体操 >
各クラスのレッスン動画を配信しました。
ひざ痛、腰痛、ベーシック、ボディアップヨガ、腰痛30、健脚30、全身30など

<ウェルネス体操番外編>

・ながら体操~キッチン➡https://www.youtube.com/watch?v=ipgrgLrHzAg
・二人組体操~腹筋➡https://www.youtube.com/watch?v=Jm8s0M6gVjQ&t=1s

 

<ジュニア姿勢・体幹トレーニング>
ジュニア姿勢・体幹トレーニングクラスのレッスン動画を配信、加えて
お家で身体を動かそう!動画を配信しました。
・体幹トレーニング編➡https://www.youtube.com/watch?v=41D5sd2aC8M

<こども器械体操>
お家で身体を動かそうシリーズ動画
いつでも、何回でも
ご自宅でみんなもやってみてください(^^♪
太田先生・森本先生・小川先生・小出先生・尾上先生など・・・が登場します(*^^)v

・なわとび編➡https://youtu.be/H6Xc0Y2jsH4

・トレーニング編③➡https://youtu.be/7K9G3tA7_hU

・トレーニング編②➡https://youtu.be/dT7BlFS8Yw8

・準備体操・柔軟体操編➡https://youtu.be/pRflBH41ba8

・親子で音楽体操編➡https://youtu.be/J3gvIuAwXaU

▼YouTubeライブ配信▼

<ジュニア姿勢・体幹トレーニング、ウェルネス体操>
曽川先生がご自宅より「子どもから大人まで参加できるトレーニング」を配信しました♪
・体幹トレーニング編➡https://www.youtube.com/watch?v=7YBvS9zq1cc♪

<こども器械体操>
ライブ配信を見ながら、清水先生と一緒に身体を動かしました♪
毎回、スペシャルゲストが登場します。次はOO先生かも!!
清水先生vsゲストによる今後の対決もお楽しみに!!
※コメント入力して頂くとリクエストにもお答えできます。

・第3回Live配信はこちらからご覧ください➡https://youtu.be/H3o61HM6A4A
・第2回Live配信の様子はこちらからご覧ください➡https://youtu.be/Sutg9TMdOxg

※チャンネル登録後、リマインダー設定をして頂くと開始前に通知があるので便利です(^^)/

 

▼オンラインレッスン(グループ&プライベート)▼

スマ―トフォン、タブレット、パソコンなどを利用し、オンライン上で会員様と顔を合わせてレッスンを行いました。

<ウェルネス体操>
肩こり腰痛改善、疲労回復体操など毎回テーマを決めて、濱口先生、山本先生が配信しました。
皆様と1時間レッスンを頑張りました。

<ジュニア姿勢・体幹トレーニング>
曽川先生、安福先生が配信を行いました。
「姿勢改善」「スポーツ上達」のための身体の使い方、トレーニング時の注意点などトークを交えながら実践しました♪ 

<こども器械体操>
「準備体操→柔軟→トレーニング」などモニター越しに先生と一緒に体操を頑張って頂きました。
『久しぶりに体操出来て楽しかった!』とお声をもらいました♪
先生も皆に会えて嬉しかったです(^^)/

                                              

▼Instagram(インスタグラム)▼
太田先生の鉄棒のムーンサルト(2回宙返り1回ひねり)
森本先生の後方宙返り1回ひねり
小出先生のバク転
栗木先生の転回 などなど・・・先生の体操技を配信しました!!
お子様の体操の目標に!先生の意外な一面を発見!是非こちらもご覧頂き「いいね!」「フォロー」をよろしくお願いします♪
・Instagram(インスタグラム)➡https://www.instagram.com/fivem_kyoto/

▼100人でつなぐ体操ムービー▼
「ご自宅や公園などで体操している姿」の動画又は画像を皆様のInstagram(インスタグラム)に投稿または、ファイブМにご提供頂きました。
ご提供頂いた動画画像を繋いで「ファイブMみんなの体操ムービー」を作成しました。

https://www.youtube.com/watch?v=-kupOKLqAeU&t=502s
先生達も参加しましたよ!(≧▽≦)♪

オンラインレッスンやYouTubeライブ配信など休校中にも関わらず、皆様にお会いできた事が凄く嬉しかったです。
ファイブMは6月1日(月)より営業を再開しております。
感染拡大防止対策として消毒や検温、マスク着用等のご協力を頂き、安心してお通い頂けるように引き続き精進して参ります。
休校中に行った取り組みは今後も一部継続させて頂きます。
※今後のオンラインイベントについては「メール・HP・Instagram」などでお知らせさせて頂きます。                                                                                                                                 

 

YouTube」でバク転や逆上がりの

ワンポイントアドバイス更新中!!
【チャンネル登録】お願いします。

こども器械体操
(1・2・3才・幼児・小中学生向け)
tibi_banner.jpg

 ジュニア体幹トレーニング
(年長・小・中・高校生向け)

main_img005.jpg


ウェルネス体操(大人向け)
20160520_s5.png

blogrogo.jpgaimin.png
〒600-8492
京都市下京区四条烏丸西入月鉾町55
四条ISビル3F~6F
Tel:0120-58-4401    Fax:075-254-1120

2月のジュニア評価測定 新項目お試しチャレンジ

Blog

こんにちは!

最近は巷では感染病の話でもちきりですが、手洗い・うがいなどの予防を徹底して体調管理に気を付けてくださいね。

 

さて本日は、ジュニア体幹トレーニングコースで2月に実施した評価測定の新項目ついてお伝えします。前回は敏捷性を測る項目を追加しましたが、今回は瞬発力です。
ちなみに評価測定についてはこちらから→https://www.five-m.com/staff-blog/archives/5770

今回追加した項目は・・・

なんと「立ち幅跳び」です。

 

そう、小・中学校の体力測定でも実施しているアレです。助走をせず、身体の屈伸運動だけで遠くへ跳ぶ種目です。
「立ち幅跳び」は実は身体を思いのままに動かす練習としてぴったりの種目です。

 

例えば・・・踏切り時、上半身の倒れ具合や下半身の安定性によって、ジャンプの高さ、距離が大きく変わってきます。全身の力を無駄なくジャンプ力にかえるにはひざを曲げた時、足だけでなく腰、ヒップなど様々な部位の筋肉を上手く連動させないといけません。それに加え上半身の腕の振り方も跳躍距離に関わってきます。

つまりこの種目は動作において両腕、両足および全身の協調性、連動性がとても大切であるのです!!

 

ちなみに・・・
記録一回目と二回目、三回目で数値が伸びた例を紹介!!

小学4年生男の子
一回目115㎝→二回目156㎝(+41㎝)‼

小学1年生女の子
一回目93㎝→三回目134㎝(+41㎝)‼

中学三年生男の子
一回目245㎝→二回目260㎝(+15㎝)‼

跳び方一つでこんなにも記録が変わるものなんですね。

 

では、実際に測定中の子どもたちの雰囲気についてご紹介します!

 

ジャンプ前はちょっと緊張。まわりの子どもたちも真剣に見守ります。

手を振ってジャンプに備えています。

 すぅ~~(←集中してる⁉)

 ひざを曲げて!

ジャンプ!!

着地!!

 

今回は普段しないジャンプ力を計測したことで、全体的にとても楽しい雰囲気でした。中には友達同士で記録を競い合ったり、大記録で会場がわいたりと子ども達のいつも見れない一面が見れて私たちスタッフも大変楽しくサポートさせて頂きました。
(先ほど長々と「立ち幅跳び」は凄い‼みたいに説明させて頂きましたが、やはり、楽しいのが一番ですね(*^▽^*))

  

 

「立ち幅跳び」は子ども達も盛り上がっていたのでまたどこかの機会で、行うかも⁉ みなさん楽しみにお待ちください。

 

今回、実施しました評価測定は3月から測定結果をファイルにしてお渡しさせていただきます。コメント、目標欄がありますので皆さん書いて持って来て下さいね。

↓サンプル画像↓

次回の評価測定は6月を予定しております。

ファイブMジュニア姿勢矯正・体幹トレーニングコースでは無料体験受付中です。お子様の姿勢にお悩みの保護者様や、スポーツ能力アップの為に体幹を鍛えたい方は是非、一度お越し下さいませ。

ファイブMジュニアコースHPはこちらから
https://www.five-m.com/program/jr.html

 

今回のブログは「立ち幅跳び」を子ども達より楽しんでしまった「安福」が担当しました。

 

「YouTube」でバク転や逆上がりの
ワンポイントアドバイス更新中!!
【チャンネル登録】お願いします。

こども器械体操
(1・2・3才・幼児・小中学生向け)
tibi_banner.jpg

 ジュニア体幹トレーニング
(年長・小・中・高校生向け)

main_img005.jpg


ウェルネス体操(大人向け)
20160520_s5.png

blogrogo.jpgaimin.png
〒600-8492
京都市下京区四条烏丸西入月鉾町55
四条ISビル3F~6F
Tel:0120-58-4401    Fax:075-254-1120